「暮らしをかえるめの福祉機器展」のご案内

福岡市で行なわれる「暮らしをかえるめの福祉機器展」のご案内です。
見えない・見えにくい人のための最新の情報と機器が集まります

はじめに

近年は福祉に関する法律の整備とともに、科学技術の発達により見えない・見えにくい人のための機器の開発が進み、目に不安を感じていた私たちの暮らしの環境が大きく変わろうとしています。
そこで『め』に不安や不便を感じている多くのみなさん、家族や支援者、市民のみなさんに、新しい多様な暮らしの情報を提供し、機器に触って、聞いて、体験して、日々の暮らしをより豊かにするために「暮らしをかえるめの福祉機器展」を開催いたします。

「暮らしをかえるめの福祉機器展」実行委員会
一般社団法人 福岡市視覚障害者福祉協会
会長  小山田 稔

日時
平成30年12月8日(土) 10時〜16時
会場
福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ) 5階・6階
〒810−0062 福岡市中央区荒戸3−3−39
お問い合わせ先
「暮らしをかえるめの福祉機器展」実行委員会
〒815−0037 福岡市南区玉川町13−28
電話 092-559-0335
目次に戻る

T 暮らしを変えよう 機器紹介のコーナー

6階 601研修室 10時〜16時
視覚に障害のある方のための機器を開発販売している企業の展示コーナーです。
見えない・見えにくい人のために開発された福祉機器を、直接さわって体験しましょう。

エリア紹介

@よりよい暮らしのエリア
日常生活をもっと楽しく豊かに、安全に。白杖、点字機器などを紹介します。
Aもっと良く見えるエリア
拡大読書器や電子ルーペ、メガネなどを紹介します。
Bもっと良く聞こえるエリア
音声読書器や音声体温計・体重計・血圧計などを紹介します。
C音の出る調理機器エリア(502・503研修室)
音の出る電子レンジや電子ジャーなどを紹介します。

出展企業紹介

1 メガネのヨネザワ
眼鏡やコンタクトレンズ、補聴器、福祉機器などを販売する視聴覚の専門店。
当社ブースでは拡大読書器と便利グッズを主に展示しておりますが、今回出展している他メーカー様の商品はほぼ全て取り扱っておりますので、ご興味のある機器がありましたら申請・購入手続きなどぜひご相談ください。
1-2 日本点字図書館
視覚障がい者のための日常生活用品展示。
日本点字図書館のわくわく用具ショップでは、視覚障害者の為の商品をインターネットや電話で取り扱っています。今回はサンプル商品を紹介しています。
電話 03-3209-0751
2 サンキュウ(株)
厨房機械器具の製造販売、障がい者用商品、環境商品の取扱い。
福岡市とその周辺市町村を中心に、視覚障がいの方々の、日々の生活に少しでも役立つお手伝いが出来ればと、拡大読書器やプレクストーク他を取り扱っています。
日常生活用具に関するご相談等お気軽にお問い合わせください。
2-2 (株)アメディア
私たちは、情報とコミュニケーションで人々が繋がり、自立と交流で障害者が自立できる環境づくりを促進します。
音声拡大読書器『よむべえスマイル』などをご紹介します。
2-3 シナノケンシ
プレクストークPTR3、プレクストークリンクポケット。
3 HOYA(株)
情報・通信・アイケア・医療関連の製品開発、製造。
HOYA MW10 HiKARIは、夜盲症の方のために開発した暗所視支援眼鏡。暗所や夜間の低照度環境下でもより明るい視界をご提供します。
デモ機をご用意しておりますので、 HOYAブースでぜひご体験ください。
4 (株)システムギアビジョン
話題沸騰のAI視覚支援装置「オーカムマイアイ2.0」を始め、持ち運びが可能な音声読み上げ読書器、高解像度の拡大読書器、低価格の電子ルーペ、携帯型拡大読書器は、タッチパネル搭載の機種や筆記が容易な新製品も展示します。
「クリアリーダープラス」:組み立て不要で簡単操作の読み上げ読書器。
据置型拡大読書器「トラベラーHD」:大型モニター拡大読書器。
5 (株)高知システム開発
PC-Talker 10を始め、視覚障がい者の方がパソコンを簡単操作で利用しやすいように開発したソフトを紹介しています。
PC-Talker 10は、Windowsの操作を肉声に迫る音質で、Windowsを楽しめます。
6 (株)アイフレンズ
視覚障害者関連機器の総合販売店。
[主な取扱商品]
音声拡大読書器『とうくんライト』、点字タイプライター
携帯型OCRマルチプレーヤー「ブレイズET」、携帯型OCRマルチプレーヤー「ブレイズEZ」
7 (株) KOSUGE
当社では、MyCaneUや電子白杖およびサポートケーンなどの盲人安全杖を中心とした、歩行支援に関する様々な商品を紹介しております。
MyCaneU5段ゴムグリップ、MyCaneU5段フィットグリップ・ストレート
MyCaneU7段ゴムグリップ AK-Slim、MyCaneR  AK-SMART-MY-F(キャップ付き)
インナーパイプ :(AF/GF)RP、アウターパイプ :( AF/CF/GF)RP
8 錦城護謨(株)
視覚障害者歩行誘導ソフトマット『歩導くんガイドウェイ』『歩導くん(ほどうくん)』
9 篠原電機
視覚障害者が信号機が見え難い、探し難いという問題点を解決し安心安全に横断できるための「高齢者・視覚障害者用LED付音響装置」を開発しました。是非、デモ機で体感をしてください。
10 (株)QDレーザ
レーザー機器の専門メーカー。
『網膜走査型レーザアイウェア』は、微弱なレーザ光で網膜上に映像を描き出します。装着者の視力(ピント調節機能)やピント位置に影響を受けにくく、背景と投影映像のピントずれが無い 新たなAR(拡張現実)体験が可能です。
11 (株)エッシェンバッハ光学ジャパン
私たちエッシェンバッハ光学ジャパンは、ルーペ・拡大読書器を中心にご紹介をします。新商品もございます。
「ただ見る」のではなく、ユーザーの皆様が「快適に使う・見る」ことを理念に製造した製品をぜひお試しください。
12 株式会社インサイト
拡大読書器と携帯型GPS地図端末のメーカー。
拡大読書器や点字ディスプレイなど、主にエクストラ社の製品を中心に幅広く取り扱っております。
折畳みのできる据え置き型拡大読書器「トパーズPHD」が新価格で手に入れやすくなりましたので、ぜひお試しください。
13 読書工房
視覚障害・発達学習障害をサポートする為の書籍各種、凸面点字器。
『トッテンくん』読む面(凸面)の点字と同じ形の点字を書くことができ、点字をこれから学ぶ方にお勧めの商品。
14 株式会社LGCS
当社では、触ってわかる3Dプリンターや、ロービジョンの方に見やすい白黒反転プリンターとともに、白黒反転ノートやカレンダーの展示販売を行っております。
15 FUKUOKAデザインリーグ
見やすいカレンダー他。
デザイン専門団体や個人が集まり、デザインをとおして地域社会により豊かな市民生活に寄与しているNPO法人です。
16 三菱電機(株)
会場:5階 502・503研修室
音の出る家電による調理実演
  • らく楽IH
  • レンジグリル 「ZITANG(ジタング)」 RG-HS1
  • IHジャー炊飯器 「本炭釜 KAMADO」 NJ-AW108
目次に戻る

U 体験しませんか ボランティア活動紹介のコーナー
(ボランティア連絡協議会)

6階 602研修室 10時〜16時
視覚に障害のある方への支援をしているボランティア団体による体験・実演コーナー。
音訳・点訳・テキスト訳:ガイドボランティア活動紹介。
多様な活動をご体験ください。

目次に戻る

V 未来を開く 最新機器体験コーナー

6階 603研修室 10時〜16時

@ 『オーカムマイアイ2(OrCam My Eye 2)』【(株)システムギアビジョン】
配線不要、Wi-Fi環境不要のAI視覚支援デバイス。
バッテリー駆動で、大きさ約76o×21o×14.9o。
重量約22.5gと100円ライター程度の大きさで、メガネのツルにつけて使用可能。
指差し、もしくは本体に指で触れるだけで簡単に使用可能。
文字の読み上げ、顔の認識、物の認識、紙幣の認識、色の認識、日時確認が可能。
A 『HOYA MW10 HiKARI(Impress Watch)』【HOYA(株)】
HOYAが独自開発した小型低照度高感度カメラで捉えた像を、明るい映像として装用者の目の前の有機ELディスプレイに投影する眼鏡型のウェアラブル機器。
ヘッドマウントセット部とコントローラから構成される。
 赤外線カメラと違い、暗所でのわずかな光を増幅させることで対象物の色彩を自然に再現できる。
装用者の眼の保護とディスプレイの快適な見え方を考慮し、アウター部分にはHOYAの遮光レンズを標準装備し、5色のバリエーションから最適のカラーを選択できる。フレームカラーも5色が用意される。
B 『RETISSA』【QDレーザ】
「誰もが見えること」を目指すアイウェア。
網膜に直接投影する新技術「ビジリウム」テクノロジー。
満天の星空を作り出すプラネタリウムのように、光で網膜に映像を描き出す技術。
小型、軽量な光学系を採用、サングラスや眼鏡と同様の外観を実現。
メガネ部分が約50g、コントローラ部分が手のひらサイズで約350g。
主に角膜や水晶体(レンズ)に起因するロービジョン(全盲ではない視覚障害)の視力改善を想定。さらに網膜投影による総合的な視覚支援の実現を目指す。
視力やピント位置にほぼ関係なく鮮明な画像が描出される。
目次に戻る

W 一緒にまちに出ようよ 盲導犬のコーナー
【九州盲導犬協会】

6階 604研修室 10時〜13時
盲導犬と一緒に館内を歩いてみませんか?

目次に戻る

X 一緒に考えましょう 相談のコーナー

6階 講師控室 10時〜16時
視覚に障害のある方を支援している機関による相談・情報提供コーナーです。
福祉・就労・就学など、専門家に相談してみませんか?

1 総合相談
専門相談(国立視力センター)
ピア相談(福岡市身体障害者相談員)
2 仕事の相談(タートル)
目次に戻る